星座占いは、月星座よりも太陽星座を使った占いが一般的ですが、太陽はホロスコープの中でも重要な社会的な自分自身を表している惑星であり、その人が目指す方向性や目的を意味していますよ。

自分の太陽星座の要素がおろそかになっていると、生きる意味や方向性で迷いが生じる可能性もあるのだそうです。

太陽星座が社会的な自分自身であるのに対し、月星座は内面やプライベートな自分自身を表しているので、自分の太陽星座の性質にしっくりこなかった場合には月星座を確認してみると良いでしょう。

自分らしく生きるためには、太陽と月のバランスが重要なのです。

例えば、太陽星座が牡羊座なら新しい事へのチャレンジを好み、困難や壁があると萌えるタイプですし、太陽星座が牡牛座なら五感が優れているため、その能力を生かせる仕事に就くのがオススメですよ。

Previous post 夢占いでは夢にも有効期限がある?
Next post 月占星術で分かる事とは?