風水占いで開運しよう!

中国発祥の風水は、日本には平安時代に伝わったと言われていますが、陰陽五行説や四神思想などに基づいて運気をアップさせる事を目的としているのです。

運勢は、周辺の建物の配置や土地の起伏、道路や川の形状、方角などが関係していると言われているため、土地選びや設計で陽と陰について知りたいなら、周辺地図や家の見取り図を見たり、現地へ赴いて本格的に占う場合もあるのだそうです。

自分の運勢をアップさせたいなら、周辺環境の運勢を良くすると良いという事ですが、生年月日や世帯主の運勢も関係しているので、占ってもらう時には必要な場合もあるそうです。

風水というとインテリアや持ち物の色などを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、本来は土地や建物、方位を見たり、気の流れを変えて暮らす人の開運へ導くという占いなのです。

Previous post 【夢占い】森が出てくる夢の意味は?
Next post 九星気学、本命星と月命星とは?